炭酸パックとはどんなものでしょう

炭酸パックに利用されている炭酸を使った炭酸療法は、数百年も前にヨーロッパで生まれました。
炭酸濃度が高い温泉に入ることが治療に用いられた治療法です。

温泉はヨーロッパにも多く存在し、
炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯である炭酸泉は、ヨーロッパの方がなじみがあるかもしれません。
それは、炭酸ガスには、高温のお湯に大量に溶けないという性質があり、
火山活動が活発な日本では、温泉の泉温が高いためです。
ドイツの「バーデンバーデン」などは有名な温泉保有地です。

炭酸パックは、この炭酸を利用した治療法を応用して開発されました。
肌が炭酸ガスを吸収すると一時的に酸欠状態になり、より多くの酸素を取り込もうと血管を拡張し、
血行や血流を促進し、新陳代謝を活性化することで大きな美容効果をもたらします。

血行や血流が促進されると、美肌にとって重要な酸素や栄養が届くことになります。
新陳代謝が活性化されると、ターンオーバーが正常化され、肌の保湿を担当するセラミドやコラーゲンの生成が促進されます。
肌のターンオーバーはメラニン色素の排出を促し、シミの改善につながります。
これらのことはまた、しわや肌荒れ、ニキビの改善にも役立つのです。

<参考サイト>
炭酸パックの効果~美肌・美白~おすすめ口コミランキング!
美肌・美白・ニキビケア・アンチエイジングなど体験に基づいた炭酸パックの効果が紹介されています。